menu

スタッフ紹介

スタッフ紹介

管理薬剤師

管理薬剤師
笠原 友子
Tomoko Kasahara

資格
薬剤師・認定薬剤師・漢方生薬認定薬剤師・栄養医学指導士・毛髪診断士・予防医学指導士
所属学会
抗加齢医学会
日本予防医学会

経歴
1982 年 3 月 北陸大学薬学部薬学科卒業
1982 年 5 月 薬剤師免許取得
2015 年 12 月 特定保健指導のできる「予防医学指導士」取得
2017 年 3 月 金沢大学にて修士(医科学)の学位取得(包括的代謝学教室)
2017 年 4 月〜金沢大学大学院先進予防医学研究科先進予防共同専攻在籍中(公衆衛生学教室)

プロフィール
まちかど糖尿病指導薬剤師 笠原友子
京都府丹後地方出身。北陸大学薬学部卒業。

病院での勤務を経て、能登半島で30年間薬局を経営。
店頭での患者の数々の悩みを聞く中、相談に乗っていた患者が糖尿病が原因で立て続けに亡くなったショックから、本格的に糖尿病の研究を開始。
結果、現代人の生活に不足しがちな『あえん』に糖尿病解決へのカギがあると実感。現代の生活の中で、亜鉛を浪費しない生活習慣を探求中。
『糖尿病と亜鉛』について、全国1000人の薬剤師に講演と指導を行い好評を得ている。講演依頼のリピート率は90%。薬局薬剤師が手を貸せば糖尿病患者の血糖値は下げられると考えている。
『未来への絆プロジェクト』発起人〜子育て世代には健康に、子供達の夢を未来へとつないで欲しいと考えている。
子育て支援メッセ、地元の成人式会場、担当中学校の学校祭など随所で臨時の検体測定室を開設して啓発活動を実施、また教育関係からの依頼を受けて小・中・高等学校やPTA対象の講演多数。


ひとことメッセージ

笠原健招堂薬局へようこそ。
健招堂の由来は、私自身が小さい頃から体が弱くって親に苦労をかけたことから、皆さんの健康を招くところ(堂)を持ちたいと考え、両親と共に名付けました。
どのくらい弱かったかというと、1ヶ月に1回は40度を越す熱を出して近所の医院に掛かっていたほど。小さい頃の思い出は、医院の待合室、熱さましの注射、お薬でした。
大人になっても体は以前弱いままで、最初の子供を産むときも、急激にひどい妊娠中毒症になり、運が悪ければ死ぬとこでした。
助かっても「透析」と言われていたほどです。血圧は、240/170mmHg、尿蛋白も+3を軽く越え定量5gと言われました。
「このままではいけない」と感じた私は、その後食生活の見直しと漢方で養生に養生。
私にとって出産は毎回が「命がけ」だったので本当に慎重に、大切に体を育んでのぞみました。
結果、二人目・三人目・四人目と生むたびに肝機能も腎機能も良くなってきて、主治医が驚くほどに。
これまで、元気と病気の間を行ったり来たりして、たくさんの方の御世話になりました。皆さんのご恩に報いるために薬剤師の道を志し、病院勤務を経て、今の笠原健招堂薬局に至ります。
今も命がけの出産を終え、「いま命あること」に感謝して涙したことは忘れません。
健康であることは、何よりもかけがえのないもの。
笠原健招堂薬局は、1人ひとりの健康に親身に向き合うことをお約束し、健康でいたい方や、病気であっても自分の体としっかりと向き合って、健康に戻りたい方を応援しています。

薬剤師

薬剤師
笠原 秀行
Hideyuki Kasahara

資格
comming soon…
経歴
comming soon…
comming soon…
comming soon…

プロフィール
comming soon…

comming soon…


ひとことメッセージ

comming soon…

糖尿病を中心とした生活習慣病対策のプロコラム

薬局のつれづれ

Facebook page

PAGE TOP