menu

桂枝(ケイシ)

桂枝

【通称】

シナモン

【薬用部分】

【薬味】

辛、甘

【薬性】

【経絡】

心臓、肺、膀胱

【薬理作用】

抗菌、抗真菌、抗ウイルス、鎮痛、
駆風(胃腸内のガスを排出)強心、利尿

【薬能】

・経路とその側枝を温める

・寒を散らす。

・陽気の循環を改善する。

・心陽を強化する。

【用途】

桂枝は、寒冷な気候に関連する普通の風邪や関節炎など 外寒の治療薬として便利である。また動悸や息切れにも 処方されるほか、狭心症など様々な心臓疾患に対して、
茯苓や甘草を配合して処方される。

【禁忌】

発熱時、実熱あるいは実火の症状がある場合、 妊娠している場合は使用を控える。

糖尿病を中心とした生活習慣病対策のプロコラム

薬局のつれづれ

Facebook page

PAGE TOP