menu

黄耆(オウギ)

黄耆

【通称】

オウギ

【薬用部分】

【薬味】

【薬性】

微温

【経絡】

脾臓、肺

【薬理作用】

鎮痙、利尿、利胆、血糖降下、神経興奮薬、降圧、免疫賦活

【薬能】

・気と血を活性化する。
・衛気を安定させ、発汗を抑える。
・膿を取り除く。傷の回復を早める
・水の循環を整え、浮腫みを取り除く。

【用途】

黄耆は、食欲減退、疲労感、下痢や、呼吸器疾患に用いられる。
水分貯留や慢性痛の治療薬に加えられるほか、
産後の気や血の修復を助ける為にも用いられる。

【禁忌】

実証あるいは、陰虚の場合は使用を控える。

糖尿病を中心とした生活習慣病対策のプロコラム

薬局のつれづれ

Facebook page

PAGE TOP