menu

桑白皮(ソウハクヒ)

桑(クワ)の皮

【通称】

ソウハクヒ

【薬用成分】

マグワの根皮

【薬味】

【薬性】

【経絡】

肺、脾臓

【薬理作用】

咳、むくみ、発熱、口渇、排尿困難、浮脈

【薬能】

・咳を止めて、肺から熱を取り除く。

・滑石は結腸と膣に肉芽腫 を形成するおそれがある。

・肺熱によるニキビの治療。 ・排尿を促し浮腫みを減らす。

【用途】

桑白皮(ソウハクヒ)は、熱証や喘息の咳治療薬として有効である。
桑(クワ)は中国で最も用途の多い薬用木で、
葉(桑葉)根皮(桑白皮)果穂(桑ジン)枝(桑枝)は全て利用法が違う。

【禁忌】

寒の症状がある場合は使用を控える。

糖尿病を中心とした生活習慣病対策のプロコラム

薬局のつれづれ

Facebook page

PAGE TOP