menu

おからブラウニー

レシピ画像
おからブラウニー
監修:okara-brownie
12月から1月にかけて慌ただしく過ぎて、2月は少し落ち着いた日常を戻し始めた頃でしょうか。 年末年始に増えた体重が戻らない!という方も少なくないはず。 今回は2月の行事といえば、♡バレンタイン♡を意識しつつ、家族の体調面を考えたスイーツを作ってみませんか?

材料

チョコレート(板チョコでも製菓用でも) 100g
バター 40g
1個
砂糖(血糖やカロリーの気になる方は、砂糖をラカント糖に変えてもok!) 30g
生おから 80g
ベーキングパウダー 小さじ1杯
ココア 10g
クルミ(今回はアーモンドも使用) 40g
2個

作り方

  1. オーブンを170℃に予熱しておく。クルミは袋のままラップの芯でたたいて細かくしておく。
  2. 生おからは電子レンジ600wで1分加熱し、水分を飛ばしておく。
  3. チョコとバターを耐熱のボールに入れて、レンジで1分程加熱して溶かし、泡だて器でしっかり混ぜる。
  4. 続いて、砂糖・卵の順に入れてよく混ぜる。
  5. 水分を飛ばしたおから、ベーキングパウダー、ココアを入れて、ゴムベラに変えて全体を混ぜる。
  6. 平たい型に入れて、余熱しておいたオーブンで20分程焼き、竹串で刺して何もついてこなければ完成!
  7. 我が家では切り分けてから一つずつラップで包み、冷凍保存しました。
    冷凍庫で3時間ほど冷やしたら生地が程よく硬くなって、美味しいですよ♪

さいごに

本来小麦粉を使うブラウニー。それをまるっと生おからに変更しました。
生おからの代わりに、乾燥したおからパウダーを使用しても◎ 
おからには食物繊維が豊富で腸内のお掃除に一役買ってくれることはもちろん、大豆サポニンという免疫機能をアップや血管の老化を防いでくれる栄養素も含まれています。
しかしながら、生のおからは水分が多く劣化するのが早いため、産業ご廃棄物としてゴミになってしまうのが現状です。フードロスを減らすためにも食べてみませんか?

関連記事一覧

糖尿病を中心とした生活習慣病対策のプロコラム

薬局のつれづれ

Facebook page

PAGE TOP