menu

足の裏の魚の目の痛みが、飲んだその日から和らぐ漢方薬

「あいたたっ!」

歩くと痛い魚の目、
削っても削っても、パッチを貼ってふやかして取っても、またすぐに固く痛く歩きにくくなり、
腰痛や頭痛の原因にまでなる事があります。
小さな靴にあたって痛いのでしたら靴を履きかえる方法もありますが、中にはくつには関係なく痛む方もあります。

飲んだ当日から痛みが和らいで、魚の目が取れて行く薬があったらどんなに良いか?!

自分の悩みのために探してきた漢方薬があります。
もともとは、胃がんの患者の手術前に患部を縮小させて手術しやすくするために外科医が考案した漢方薬です。

細胞の異常増殖。
イボも胃癌も、細胞の異常増殖・むくみと捉える漢方の考え方があります。
ならば魚の目も同じではないかと、この利水作用のある漢方薬の服用を考え付きました。

私自身もそうでしたが、飲んだ患者さんは「飲んだ当日から痛みが取れ、患部である魚の目が柔らかくなっていく。」とおっしゃいます。
服用忘れを繰り返しつつも続けていたある日、魚の目が消えているのに気づきます。

WTTC

少しお高い漢方薬で、
5日分は、2,700円
15日分は、7,600円
30日分は、14,000円します。

繰り返す痛みでお悩みの方、ご相談ください。
 下記の【ご相談】からどうそ。

【ご相談はこちら】

内容を確認の上、担当よりご連絡させて頂きます。

関連記事一覧

  1. ホノミ漢方 ホノピレチン

糖尿病を中心とした生活習慣病対策のプロコラム

薬局のつれづれ

Facebook page

PAGE TOP